ディズニー英語システムの収納 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、ディズニー英語システムの収納についてお話ししましたが、このブログ、急に思い立って立ち上げたので、前の状態の画像がありません。

少し時間がかかりますが、前の状態に近い形にもどして写真に撮って後日説明しますが、私には使いづらかったんです。

棚の下のほこりが気になるとか、インテリアの邪魔になるのが嫌とか、いかにも教育熱心な感じが嫌とか、そんな風に思わない方はプレゼントの棚をお使い下さい。

うちは一軒家ですが、ペットが3匹。そんな大きな家じゃないですし、壁が少ないんです。壁が少ないというのは食卓テーブルやソファー、テレビ等リビングに必ず必要なものを置くと、壁際に置ける家具が殆どないんです。

ですが、子供が成長するにつれて、増えていくおもちゃなどで、リビングがもうスペースなくて困ってました。

そこへディズニー英語。オープン棚なのも気になった一つ。

お友達が遊びに来たとき、「ディズニー英語始めたんだー?高いんでしょ?いくらくらい?」これくらいならまだしも。貸して欲しいなんて言われようもんなら。お友達にDWEを貸して欲しいと言われてトラブルになる方も多いようです。

高額な教材ですし、ちょっと貸してと言われても嫌ですよね。意地悪いですかね?!

そんなことも考えて、オープンじゃない棚に収納したいと思いました。

それならスチールラックじゃダメでしょって思うでしょ。それが、そうでもないんです。

DWEは子供が本当に小さいときは、身に付くかどうかって結局、親の頑張りだと感じてます。CDだってDVDだって、親が聞かせたり見せたりしないとだめですよね。子供が一人で使えないんです。

なので、結局見えないところにしまっても同じ。もう少し成長したらいつでも手に取れるようにしてあげるのが大事だと思うのですが、今はとにかく英語を聞かせることが大切なんだそう。といえことで、本の類いは時々見せるくらいでいいかなぁと。

子供が一人で使えないということは今の時期は蓋のついたものや布などで目隠ししても大丈夫。親が使うときに出してあげればいいんです。

そこで考えたのがラックに布で目隠しをするというもの。ネットで自分の好きな柄の布を購入して目隠しカーテンを作って…と考えていたのですが、

また誤算が。

おもちゃの山。初孫ということもあり、おばあちゃんがとにかくおもちゃを買ってくれる。来る度増えるおもちゃ。

収納しきれない。生活感ありすぎのリビング。

スチールラックだけじゃ足りない。

収納はできるけど、子供が自分で手に取れる高さにしてあげたい。

ということで、作戦変更。

スチールラックにあるものをプラスしました。

続きは明日。

最後まで読んで下さりありがとうございます。


おかげさまでPVランキング部門のDWEブログ1位となりました! DWEの人気ブログ

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*