えいごであそぼ with Ortonnoの評判は良い?悪い?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家では朝起きてすぐにテレビをつけます。子供にテレビを見ていてもらう間に朝食の準備などの家事を済ませます。でないと子供がかまってくれ~~!ってなって何もできないんですよね。何を見せているかというと、NHKのEテレで放送されている幼児向け番組です。

忙しいママさんの味方ですよね。その中でもディズニーの英語システム(DWE)をさせているので、やっぱり英語教育番組の「えいごであそぼ」はほぼ毎日見せていました。その「えいごであそぼ」が、2017年4月3日(月曜日)にフルリニューアルされました。「えいごであそぼ」の最終回を見て「内容が変わるのかな?出演者が変わるのかな?」と疑問に思っていましたが、結果、放送時間も、出演者も、番組構成も、全て変わってました!

「えいごであそぼ with Orton」の放送時間

まず番組名が「えいごであそぼ with Orton」になりました。Ortonとは大きなクジラのことで、このクジラの背中に建つ「オートンタウン」という町を舞台に、実験、コント、アニメ、体操などを楽しみながら、英語を学べるようになっています。

放送時間

NHK Eテレ(教育)
月~金曜日 午前 6時45分~6時55分(10分)
月~金曜日 午後 5時10分~5時20分(10分)再放送

まず気になるのが放送時間。これまでの8時40分から、6時45分になり、かなり早まりました

この時間に変更になった理由としては、小学生にも見てもらいたいからだそうですが、小学生向けだとしても朝の忙しい時間にテレビを見る時間があるのだろうか。

私が小学生の時は、もっぱらテレビはニュースでした。私みたいにギリギリ間に合う時間に起きて、バタバタと支度して朝食食べて登校するような子は見てる暇ありませんね(‘◇’)ゞ

でも再放送もありますので、そんな子は夕方に見れます。

そして、我が家はというと、6時45分って子供が起きていないことが多いです。なので、夕方見せています。

「えいごであそぼ with Orton」の出演者

主な出演者

  • ジェイソン博士(厚切りジェイソン)
    メイン司会者
  • あいる
    ジェイソン博士助手
  • ゆうき
    オートンタウンに引っ越して来たばかりの兄弟
  • きらり
    ゆうきの妹
  • 田中理恵
    体操・元日本代表。エクササイズの先生として出演。体操しながら英語を教える。
  • カーリー
    日本が大好きな女の子。視聴者からお手紙をもらい、ジャパンカルチャーに挑戦します。
  • キース
    NYパフォーマンスグループ「STOMP」出身のプロ。ダンス、ボディ・リズムパーカッションをこなすパフォーマー。

 

「えいごであそぼ with Orton」の内容

 「えいごであそぼ」とは内容がガラリと変わりました。今までよりも「音」に色々な形で触れ、楽しく学ぶ内容となっています。気になったのが、日本語が多いこと。8割くらい日本語じゃないかと感じたくらい、英語の番組の割に日本語が多い
ディズニーの英語システム(DWE)のDVDに慣れている私には、これってどうなのかなぁと思っていたら、案の定、新しくなったえいごであそぼ with Ortonはあまり評判が良くないようです。前の方が良かったという意見がネット上では目立つように感じます。
実際子供の反応はというと、心なしか前より見ていないような。
個人的には前のままが良かったなぁ。
でも良くなったと感じる点も。
それは、「音」に関する内容についてです。フォニックスの要素も取り入れられているようです。
フォニックスについては過去記事にしています。
「fish」、フ、フィッシュ。日本語の『ふ』ではなく、上の歯と下の唇を付けて言うんだ」などとジェイソン博士が説明したり、田中理恵先生が体操と共に、「フ、フ、フ、フ、フィッシュ。Swim、Swim、Swim。泳ぐよ〜」と楽しく学べそうな感じはしました。内容としては、幼児向けというより小学生向けの番組のように感じます。
小学生のお子さんを持つ親御さんからは良くなったという声も多いようです。

まとめ

どちらがいいかは人それぞれですが、やっぱり個人的にはキコ、エリック、BEA、BOの方が楽しかったなぁ。

 

DWEのブログはこちら

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

英語教育のブログはこちら


人気ブログランキングへ

最後まで読んで下さりありがとうございます。


おかげさまでPVランキング部門のDWEブログ1位となりました! DWEの人気ブログ

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*