外国語(英語)よりも日本語力を重視する企業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を学ばせている親として、気になるのは将来英語が役に立つのかどうかということ。
実際、私は英語が話せたらなぁと思ったことが何度もありました。
ところが現在、英語も大事だが、日本語の方が大事ということで日本語を大学のカリキュラムに入れる動きが広まっているようです。
企業が、英語力より文章やコミュニケーション能力を求めているのが背景にあります。今後ますます日本語力が重視される時代がやってくるかもしれませんね。

 

英語は将来役に立つのか?!

産業能率大(東京)が2015年に新入社員に行ったグローバル意識調査で海外働きたいとは思わない」との回答が過去最高の63.7%に上った。その理由の65.6%「語学力に自信がないから」というもの。

海外への関心が薄れていることに加え、企業が採用の際に、日本語を基本としたコミュニケーション能力を重視しているという事情もあります。

経済同好会が2014年、企業を対象に大学新卒者の採用で重視することを問うアンケートを行った。

その結果は

  1. 自己PR力・自己分析力(76.9%)
  2. 文章構成力・論理的思考(71.7%)
  3. 外国語(英語)の語学力(11.0%)
  4. 学業成績(5.8%)
  5. 資格(1.2%)

日本経済団体連合会が2016年行った同様の調査では

  1. コミュニケーション能力(87.0%)
  2. 語学力(3.2%)
  3. 留学経験(0.6%)

このような結果でした。グローバル化が叫ばれる時代にもかかわらず、企業が求めている人材は英語などの語学力のある人間よりも、日本語力のある人間なのですね。

このような状況に対応し、大学では学生の日本語力強化に乗り出しています。

子どもが大学卒業というブランドを持っていれば、社会で生き残っていけると思われていた時代もありましたが、今は違います。

いくら英語ができても、日本語力がなく、コミュニケーションができなければ、生き残っていけません。

そんな私も日本語には自信がありません。子どもにはディズニーの英語システム(DWE)をさせていますが、日本語も大事だよなぁ~と見せているのが、Eテレの「にほんごであそぼ」です。

Eテレ「にほんごであそぼ」

2歳~小学校低学年くらいの子どもと親を対象に制作しています。日本語の豊かな表現に慣れ親しみ、楽しく遊びながら『日本語感覚』を身につけてもらうことがねらいです。それが、コミュニケーション能力自己表現する感性を育てると考えるからです。狂言の「型」など日本の伝統芸能の手法を取り入れています。

まさに、現代の企業が働き手に求めているもの、そのものではないですか!!これはいいかも!

放送時間

Eテレ(教育)
月~金曜日 午前 6時35分~6時45分(10分)
再放送
月~金曜日 午後 5時~5時10分(10分)

特に「ちょちょいのちょい暗記」という、視聴者が子どもが暗記した言葉を発表する動画を投稿するコーナーがあります。それがすごい!こんな小さな子どもがこれを暗記したの!?と感心させられます。

例えばこれ

数  の 単 位 

一(いち)
十(じゅう)
百(ひゃく)
千(せん)
万(まん)
億(おく)
兆(ちょう)
京(けい)
垓(がい)
抒(じょ)
壌(じょう)
溝(こう)
澗(かん)
正(せい)
載(さい)
極(ごく)
恒河沙(ごうがしゃ)
阿僧祇(あそうぎ)
那由他(なゆた)
不可思議(ふかしぎ)
無量大数(むりょうたいすう)

私は言えません。これを覚えないと生きていけないわけではありませんが、こういう知らなくても困らないことを知っている人間って面白いと思います。

幼馴染に読書が好きな友人がいますが、大人しくて内向的だけど、雑学と日本語力があって、会話に色々な言葉の表現を用いるので、とっても魅力的だと感じてました。

その子は就職の時に、求人を出していないし、高卒も採用していない企業に直談判し面接。そして採用されました。コミュニケーション能力、日本語力も評価されたのだと思います。

本日のおすすめ書籍

SNSで話題の漢字ドリル 「日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル 小学1年生

こちら、発売1か月半で148万部を突破しています!
全例文に「うんこ」を使った、まったく新しい漢字ドリルです。

ふざけた内容かと思いきや、新学習指導要領にも対応しています。

事前調査で「めちゃくちゃおもしろい、すごく楽しい」「これは絶対子どもが食いつく」と大絶賛だったという最強ドリルです。

「うんこ」という単語は、どの時代もなぜか子どもにとってはテンションの上がる言葉です。
口にするだけで楽しくなる魔法のような言葉なのです。不思議。

親御さんにしてみたら、下品だからやめて!っていう方もいらっしゃると思いますけどね。

「学習」と「うんこ」という、一見縁遠い二つの要素が合わさり、「勉強するのは、つらいことじゃない。とっても楽しいことなんだ」と、勉強への意識が変わることを願って出版されたようですが、出版社も、発売直後、いきなりSNSで話題になり、「そ、そんなに売れたの…! ?」とびっくりしているというドリルです。

 

大人はこちら「大人の語彙力が面白いほど身につく本

今日はディズニーの英語システム(DWE)をやっているにもかかわらず、英語より日本語が大事!という記事でした(^^)/

 

DWEのブログはこちら

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

英語教育のブログはこちら


人気ブログランキングへ

最後まで読んで下さりありがとうございます。


おかげさまでPVランキング部門のDWEブログ1位となりました! DWEの人気ブログ

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*