クリスマスにお正月。お子さんをお持ちの親御さんは何かと出費の多い月ではなかったでしょうか?

私はというと、クリスマスに何か作ってあげたいと思い、2ヶ月前から計画していたことがやっと何とか形になり、記事にしているところです。

それがこれ!!

対面おままごとキッチンをDIY

うちの子供は男の子ですが、1才過ぎた頃からおままごとのおもちゃが好きで、室内遊園地みたいなところに置いてあるおままごとのおもちゃに興味を示していました。

にしても、子供は必ず好きと言っても過言ではない、おもちゃの包丁で果物や野菜を切るやつ!あれは子供はもちろん、大人もあったら不思議と切ってみたくなりませんか?あのサクッとした感覚が好きです。

 

保育園なんかには、木製の果物や野菜のおもちゃが、立派な木製のキッチンに並べて置いてあったりして、こんなの家にあったらかわいいだろうなぁ(^з^)と憧れていました。

そこで早速おもちゃの木製のキッチンがいくらくらいか調べました。

 

高いよーー!

数万もするのね(>_<)

こんなの買えません。でも欲しい!クリスマスプレゼントに作ってあげたい!ということでDIYすることにしました。

作り方を紹介して下さっているブロガーさんもいたりして、私もこれならできる!とはりきって買い出しに♪

以前、キッズ用の椅子やベンチは作ったことがあるので、のこぎりややすりやネジはあるので、材料費のみで作れば¥5000もかからないはず♪と思い、作成。

DIYおままごとはいくらかかるか

結果、やっぱり¥4000~¥5000くらで済みました。

お値段、まだ詳しく出してないので、この記事を見てくれる方がいるようでしたら、またお値段計算して出してみようかなぁと思います。

何せ、主婦の空いた時間で旦那に手伝ってもらわず、全て自分でやったので、何だか余裕なく、バタバタとやっと完成させた感じです。

そして、完成と言ってますが、本当の完成ではなくて(^^;

これにまだメニュー表を手作りしたり、棚を付けたりカフェカーテンを付ける予定ですが、本当の完成まで待つといつまでも記事にできる気がしなかったので、とりあえず、作ったよーっていう報告です!

色々なブログを見たりしましたが、なかなかコレ!!!というものがなく、参考にしながら、自分の納得のいくものが出来たと思います。というか、私の腕ではこれが限界かな(^_^)

材料ですが、ホワイトウッドの1×4材とカラーボックスを使用しカラーボックスの底にはキャスターを付けてます。

 

私はニトリで購入しました。ネットで購入できますが、¥7560以上購入しないと送料が無料にならないようなので、お店に買いに行きました。

カラーボックスに入れているスクエアボックスはダイソーのもので、カラーボックスは仕切りをスクエアボックスに合わせて取り付けました。

このスクエアボックスも人気ですよね(^^)/発売当初は売り切れ続出でしたが、もうどこのダイソーでもほとんど全てのカラーが揃っているのではないでしょうか。

こちら、始めは全てホワイトで統一する予定でしたが、意外と色んな色が混ざってもごちゃごちゃしないんです!落ち着いたら色味なので、逆にアクセントになってかわいいと思います(^_^)

カラーボックスの横向きとスクエアボックスの組み合わせは、他のブロガーさんは私が見る限りではやってなかったと思います。

カラーボックスをそのまま使うと、ちょうどいいサイズの入れ物がなかなかないので、入れ物に合わせることにしましたが、見た目スッキリで子供のおもちゃのカラフルな感じが隠せて、我ながらいいアイディア!!

こうやって自分の好みにあったものを作れるのがDIYのいいところですよね。

おままごとキッチンを対面にすると子どもが大喜び

このキッチンを作るのにこだわったのは対面にすること。対面にすると、店員さん役とお客さんの役になって、店員「いらっしゃいませ~」、客「アンパンマンのパンくださ~い!」などと向い合せになってできるのでそれっぽい(^^)/

これは本当にこういう作りにして良かったです、正直対面じゃない方が作るのは簡単だし、もっと金額も抑えられたけど、どうせ作るなら、ここは納得のできるものをということで頑張りました。

おままごとキッチンにキャスターは必須

対面にしたことで壁に置くより場所を取ります。置く場所も考えないと狭い我が家がもっと窮屈になってしまう。ということで、キャスターを付けました。ロックのかかるキャスターもありますが、結構重くなるので、子どもが危険になるような程動かないことを予想し、とりあえずロックのないものを付けました。結果、ロックはやっぱり我が家では不要でした。予想していた通り、重みがあるのでそんなに簡単に動くようなこともないです。4つだと重さに耐えられるか心配だったので。私は6個付けてました。

キャスターをつけたおかげで、掃除も楽で対面にもできて遊び終わったら場所を取らないように壁際に寄せて置けて、キャスターは必須です。本当に便利です♪これからDIYを考えている方におすすめします!!

我が家のおままごとセットご紹介

こちらはクリスマスプレゼントのアンパンマンのパン工場です。これ、思っていた以上に息子が喜んで、最近はこれでばっかり遊んでいます。
うち子、アンパンマンのキャラクターの中でチーズと赤ちゃんマンが好きなので、別でこちらも購入。購入時、パン工場が¥3154、パンセットが¥1145でした。

これだけ購入しましたが、まだおままごとのお野菜や果物が少ないので、購入を検討したのがこちら。

調べていると、ダイソーに木製のおままごとが売られていることが判明!さっそくダイソーへ。すると売ってました!

 

 

 

 

 

 

 

 

包丁やまな板は持っているので、なす、ピーマン、レモン、りんご、だいこんを購入。

卵も欲しかったのですが、売り切れでした。

こちら、口コミでも分かってはいましたが、少しマジックが弱い。まぁ、くっつかなくなったら、マジックだけ買って付け替えてあげればいいので、私は気になりませんでした。

これで、だいたいおままごとができるものが揃いました。

キッチンを作ってあげたいと思ってから1カ月かかりました。作業自体は2日くらいです。

カラーボックスにDWEの教材を収納

私はカラーボックスの中におもちゃを入れていますが、ディズニーの英語システム(DWE)をやっている方は、教材がほとんどこの中に入ってしまうので、収納にもなりますので、良かったら参考にしてみて下さい。

時間見つけて今度は作り方をお伝えしたいと思います。

長々と読んでいただき、ありがとうございました。

 

DWEのブログはこちら

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ
にほんブログ村

英語教育のブログはこちら


人気ブログランキングへ

最後まで読んで下さりありがとうございます。


おかげさまでPVランキング部門のDWEブログ1位となりました! DWEの人気ブログ

にほんブログ村 英語ブログ DWEへ にほんブログ村